カテゴリ:家づくり( 3 )

漆喰の壁とその修繕

昨日は床だったので、今日は壁のこと。

a0349450_10505053.jpg

我が家のリビングダイニングの壁は天然素材の漆喰が使ってあります。
大理石の骨材と石灰などを主成分とした、プラネットジャパンのカルクフィール
プラネットジャパンの製品は昨日の床でも使いました。


コテの跡が殆ど残らなように抑えた仕上がり。
a0349450_13162781.jpg

この堅牢な感じに、ギリシャの白い建物へ思いを馳せたりしてたまらなく気に入っているのだけれど、



子供たち!!!
引っ越し早々漆喰の壁に色々やらかしてくれて。

  
例1) 娘。洗った跡の筆を振って乾かしたら筆に残っていた色が壁に飛び散った。

例2) ちびちゃん。バナナを持ったまま階段を上がり、壁にくっきりバナナの跡が。

ナドナド多数。



そこで、修繕。
a0349450_10505625.jpg
漆喰の粉を水に溶いて、治したいところに塗るだけ。
施工した左官屋さんに教えてもらいました。
(本当は予算不足ではじめは自分たちで漆喰塗る予定でした。結局左官屋さんにお願いしたのですが、天井が高いのでやってもらって良かったです。)




直したところ。
a0349450_1053540.jpg

ちょっとわかりづらいかな?
バナナの色は消えたけれど、光沢がないです。
コテで抑えたところと違って修繕したところは光沢が出ないらしいです。




椅子を引いた時に壁にあたった傷とか、まだまだ傷は付きそうです。
a0349450_1051524.jpg
その都度ちょっとずつ直しながら大事に使っていきたいと思っています。



by kodoniwa | 2016-03-09 11:32 | 家づくり

グレーな床材とワックスのこと

a0349450_11305695.jpg

最近、フローリングについての質問を頂いたので、今日は我が家の床材について。



フローリングは家の中でも、

* 大きな面積を占める
* 直接肌に触れる

ってことでとっても大事ですよね。




家を建てるにあたって、少しグレーっぽい床材を使いたかったので、はじめは古材にしようかと思いました。
が、建築家さんが、

「古材はささくれがあることもあって子供のいる家にはむかない」

とおっしゃって、結局オークの無垢材にワックスで思った色に近づけることにしました。




で、使ったのがこちら。
a0349450_11162261.jpg
プラネットジャパンのウッドコート。
色はホワイトで塗った後に拭き取ってあります。
建築家さんがいくつもフローリングに塗ったサンプルを用意してくださって、その中から決めました。





塗る前と、塗った後。
a0349450_1131746.jpg
それほどの違いはないように思いますが、大きい面積になるとまったく違った印象に。




オークのフローリング材、とても密度が高くて1枚でもガシっと重いです。
傷がつきにくくて、暴れん坊のいる我が家向き。
ホント驚くほどつかなくてびっくりしてます。
a0349450_11365697.jpg
また、ワックスをかけたからか、オーク自体がそうなのかはわかりませんが、木目の感じで汚れがわかりにくいです。
(逆にゴミかと思ったら木目だったり・・・。)




結果として、フローリングの色にもとても満足しているし、なんといっても床の滑らかさというか、足触りも素晴らしくて、本当にこの床にしてよかったと思っています。



by kodoniwa | 2016-03-08 11:38 | 家づくり

引越ししました

a0254318_1054188.jpg


おひさしぶりです。

3月末に新居へ引っ越しました。
入学やら色々重なってなかなか片付かなかったのですが、昨日からチビちゃんの給食が始まり、少し片付けに専念できる予感。
引いた写真はとてもまだお見せできないので、部分的にちょっとずつUPしていこうかと・・・。

ではまたよろしくおねがいいたします。



by kodoniwa | 2015-04-22 16:34 | 家づくり


インテリアのブログです 時々お庭のこと子供のこと


by kodoniwa or halulu or サワブミホ

カテゴリ

内覧会
リビング・ダイニング
キッチン
こども部屋
お庭
サニタリールーム
収納
家具・照明
雑貨
イベント(Xmas・party等)
DIY・ハンドメイド
こども
おいしいもの
掲載
家づくり
その他