北欧 ジオメトリック柄のラグ

《リビングのファブリック使い その1》

冬は夏に比べてインテリアにブランケットとか、布物を使うことが多くなりますよね。
今日からはリビングの布使いについて。


リビングで使うファブリックの中でもカーテンと並んで大きな面積を使うラグ。
ラグ1枚でお部屋の印象がガラリと変わるので、一番最初に決めることにしました。


秋口に届いたこちら。
Bloomingville rug graphic pattern black
a0349450_10201780.jpg
スエーデンのscandinavian design centerで購入しました。
Bloomingvilleはシンプルな形にスモーキーな色でちょっとかわいいところもあって、以前から気に入っていたためどんなラグが届くのかな♡って楽しみにしていたのだけど・・・、


届いてみたら思っていたよりグレーが濃かった〜!


ラグの大きさやジオメトリックな柄もイメージ通り、それ自体はとても素敵なのにソファーの暗さとあいまって、我が家に置くとグレーが暗すぎる・・・ぅぅぅ。


ホントはこのくらいのほんのちょっとベージュがかったグレーがよかった。
a0349450_10201265.jpg

色を塗り替えようか、使うのやめようか、とも考えたのですが、
結局そのまま使うことにしました。
ただ、その暗さが気にならないように他のファブリック使いでカバーしなければ!って決めて。


ってことで、どのようにして他のファブリックを決めていってのかを今後書いていこうかな。





by kodoniwa | 2016-01-22 10:23 | リビング・ダイニング


インテリアのブログです 時々お庭のこと子供のこと


by kodoniwa or halulu or サワブミホ

カテゴリ

内覧会
リビング・ダイニング
キッチン
こども部屋
お庭
サニタリールーム
収納
家具・照明
雑貨
イベント(Xmas・party等)
DIY・ハンドメイド
こども
おいしいもの
掲載
家づくり
その他